兵庫県丹波市氷上町,歯医者,口臭治療,審美歯科,口腔外科,顎関節症,小児歯科,入れ歯,歯周病,矯正

インプラント治療について

和久(わく)歯科のインプラント治療

和久(わく)歯科がインプラント治療で選ばれる3つのポイント
 インプラント治療における患者様の選ぶポイントのひとつは歯科医の経験と実績です。
 当院の院長は口腔外科でも数多くの経験を持ち、多くの研修を受けてきています。過去1,000本以上の症例数を積み、他の歯科医院にも出張手術に出向くこともあります。
 和久(わく)歯科では、歯科治療にはカウンセリングは重要と考えています。
専用のスタッフが十分な初診やカウンセリングで、患者様の希望や思い、不安をお伺い致します。
 お口の中の写真撮影をし、テレビモニターで直接ご説明するビジュアルマックスも大変わかり易いというお声を戴いています。
 CT撮影後、手術のシュミレーションを行い、血液検査で全身状態を把握します。専用の手術室を完備し、全身状態をモニターで監視し、随時把握しながら手術を行っております。
 手術が怖くてたまらない方や持病がある方も専属の麻酔科医の協力のもと、鎮静剤を用いて手術が可能な場合があります。
和久(わく)歯科の症例

インプラント治療のながれ

ここでは、通常の「2回法」(最も安全で一般的な方法)の治療の流れをご紹介しています。

初診カウンセリング専門のカウンセリングスタッフが十分な初診カウンセリングで、患者様の希望や思い、不安をお聴き致します。

この段階で患者様が納得のいくまでインプラントについてご説明をさせて頂きます。
口腔内写真レントゲン・口腔内写真(こうくうないしゃしん:口の中の写真のこと)・型採りを行うことによってお口の状態を調べます。

失った歯の本数やあごの骨の状態を調べた上で治療法を選択していき、患者さんとご相談しながら治療計画をたてていきます。
治療計画の説明インプラントを入れる前に、歯周病(ししゅうびょう)・歯根(しこん:歯の根の部分)の病気の治療が必要な患者さんは治療をして完治した後、施術を行います。
インプラントを長く維持するには、まずお口の健康の回復が大切だからです。
この段階では、その事を含めたインプラント治療計画・治療費用・時間などをご説明致します。
疑問に思われた事は、どんな小さな事でも聞いて下さい。
手術のシュミレーションCT撮影をして手術のシュミレーションを行います。

また、血液検査などで全身状態を把握します。
インプラントの設計模型を作成し、患者さんのお口にピタリと合うように診断・設計いたします。

ここで大事なのが"良いかみ合わせ”です。

良い噛み合わせを維持できるように本数や位置を決めていきます。
手術前の最終相談と治療手順の確認を行います。
疑問・不安な事は何でも聞いてください。
インプラント第1手術(埋入)手術前の最終相談と治療手順の確認を行います。
疑問・不安な事は何でも聞いてください。
インプラントが骨と接合(せつごう)するのを待ちます。
一般的に上顎(じょうがく:うわあごの事)で約4~6ヶ月、下顎(かがく:したあごの事)で約2~3ヶ月です。
インプラント第2手術(頭出し)インプラントとあごの骨がしっかりと接合したら、歯ぐきを再び切り開き、インプラントの頭部を出してアパッチメントを取り付けます。(→右図参照)
取り付けたアパッチメントは後に取り付ける被せ物の土台になります。

歯ぐきが治るまで1~3週間ほど待ちます。
型を採る精密な型採りをして、被せ物を制作します。

インプラント完了まで、後少しです。
型を採り制作した被せ物を装着して治療の完了です。 被せ物の装着(完了)
被せ物の装着(完了) インプラント治療終了後は、良好な状態を維持していただくために、定期的な検診が必要となります。

毎日のホームケアに加え、数ヶ月に一度の歯科医でのケアや噛み合わせのチェックを受けて、インプラントを長持ちさせましょう。

ページの先頭

インプラント治療計画にあたっての注意点

噛む能力のアップ

インプラント治療を計画するにあたって当院が注意している事は、いかに効率よく噛む事を行うことが出来るかということです。(これを咀嚼能率:そしゃくのうりつといいます)
実は歯の数ではなく、歯の残る場所で噛む力に大きな差が出ることが様々な研究で分かっています。
インプラント治療をする上で、その事を考慮して治療計画を立てなければ歯は保存できたけれど結果として噛めない、なんてことになりかねません。
限られた予算内で効率的に生活の質を改善して頂くためには、咀嚼能率(そしゃくのうりつ)を配慮し、最大の効果をあげるように、当院では心掛けて治療計画を立てています。

 

咀嚼能率に注意した治療の一例

この場合は、上が総入れ歯で下はインプラントを含めて全て固定式です。 この患者様には何でも噛めるとの評価を頂いています。 現段階の生活の質の保証ということでは、これが今はベストの治療法だと 考えています。 このように、その時患者さんにとってベストな状態になるように配慮しながら インプラント治療をすすめています。
歯周病の治療

 インプラントを入れる前に、歯周病で歯を無くされた方は事前に歯周病の原因となる歯周病菌(ししゅうびょうきん)を完全に排除してからインプラント治療を行います。
インプラントの成功率を上げるためには、歯周病菌の除去や虫歯菌の感染を治療しておく必要があります。
せっかくインプラントを入れた後でも、菌の感染により長期間維持できない可能性があるからです。

ページの先頭

インプラント治療の種類

和久(わく)歯科医院では、患者様の要望・お口の状態の診断結果を総合的に判断し、最も適した治療方法をおすすめしています。

ここでは患者様の状況・ご要望に応じたインプラント治療完了までの施術の種類をご紹介しています。もちろん来院して頂き、精密な検査をしてから患者様とご相談のうえ、治療計画は進めていきますが、以下の方法があるということを目安としてご覧下さい。

一回法: ~手術を一度で終わらせたい方~

ライン

第1時手術の時にインプラントの頭を外に出して第2手術の必要性を失くす

骨の状態が良く、インプラントの固定が十分に期待出来るときには、最初からインプラントの頭を外に出して手術を終わります。すると2時手術をする必要がありません。
ただ、成功率は2回法に比べ、数%低くなるというデータもあります。
必要条件骨の状態が良く、インプラントの固定が十分に期待できる状態の方

抜歯即時法(ばっしそくじほう): ~骨を造る手術をなるべく避けたい方~

ライン

歯を抜くのと同時にインプラントを入れ、増骨(ぞうこつ)の必要性を最小限にする

普通は悪い歯を抜いて、傷口が完全に治ってからインプラントの手術をしますが、それでは骨が痩せ過ぎて、新たに骨を造る手術をしないといけないことが多くあります。
その様な時に歯を抜くのと同時にインプラントを入れ、増骨の必要性を最小限にすることが出来ます。
ただ全てに応用できるわけではなく、十分に診査診断が必要になります。
当院はその方法に最も適した、HAインプラント(カルシテック)を採用しています。
必要条件十分な診査診断が必要です

症例はこちら

即時荷重法: ~ インプラント手術後すぐに噛めるようになりたい方 ~

ライン

左右均等に多くのインプラントを入れて力を分散させ、すぐに噛めることが可能

インプラントは骨と接合するまでの時間は、咬み合わせの力を掛けずに、安静にするのが一般的です。
しかし現在ではAllーOnー4(オールオンフォー)コンセプトに代表されるように、左右均等に多くのインプラントを入れて力を分散させることで、その日のうちに噛めるようにする方法もあります。
当院ではNobel社のリプレイスインプラントを採用し、十分なトレーニングのもと即時荷重を実現しております。
当然全ての患者様に可能なわけでなく、内科医、麻酔科医の診断のうえ、全身的局所的に安全と判断された患者様のみに実施されます。
必要条件術式も新しいので、十分に審査診断したうえで適応します

症例はこちら

 

歯がたくさん無い方、総入れ歯の方に朗報です!!

All-on-4(オール・オン・フォー)のご案内

北近畿では、当院が初めてAll-on-4(オール・オン・フォー)を導入しています

All

りんごを丸かじりしてもはずれない歯で若さを取り戻しませんか?

インプラント 過去の問題点

総義歯(そうぎし:総入れ歯の事)など多くの歯が無い場合のインプラント治療

  • インプラント手術の後、歯を入れられない期間が約2~3週間
      インプラント手術をした後、義歯(ぎし)を入れられない期間が2~3週間あります
  • 不経済
      入れる本数が多いので、最低でも6本~8本のインプラントが必要になり費用がかさむ
  • 骨を造る手術が必要な場合が多い
      奥歯の部分の骨が足りないことが多く、骨を造る手術が必要の場合が多い

↓

All-on-4(オール・オン・フォー)の特徴
  • インプラント手術をしたその日に歯が入って噛める!
      インプラント手術をしたその日に固定式の歯が入って噛んで頂く事ができます
  • 経済的
     下顎(かがく)で4本、上顎(じょうがく)で4~6本のインプラントなので経済的です
  • 骨を造る手術は不要
  • インプラント本数が少ないので歯磨きや手入れが楽
  • ぐらぐらの歯もその日の内に抜いて新しい歯を入れられます
     ぐらぐらの歯がある人も、手術の日に抜いてその日の内に歯を入れて噛むことが可能。
    取り外しの義歯で苦労する必要がありません
All-on-4(オール・オン・フォー)による治療の流れ

All-on-4(オール・オン・フォー)では、手術当日に仮の歯を入れることが可能です

※お口の状態により、治療期間が異なる場合があります

All-on-4(オール・オン・フォー)による治療の流れ
  • STEP1
    レントゲン写真を撮り、全体的な治療計画を立てます。お口の中の型を取り、噛み合わせを確認。手術後に装着する仮の歯をあらかじめ作製します。
  • STEP2
    抜歯が必要な場合は抜歯をします。
    歯ぐきを切開してインプラントを埋め込みます。 麻酔をしてから行うため、痛みは全く感じません。
  • STEP3
    インプラントを埋め込んだ後は、しばらく休憩します。
  • STEP4
    インプラントを埋め込んだ後、数時間には仮の歯の装着が出来ます。
  • STEP5
    インプラントの埋め込みから約6ヶ月後に、共同が高く、美しい仕上がりの最終ブリッジと交換します。(↓下図参照)
使用するブリッジ

症例はこちらをご覧下さい

サイナスリフト(上顎洞挙上術): ~ 上顎にインプラントを入れられる方 ~

ライン

一昔前にインプラントに適していないとされていた
上顎(じょうがく:うわあごの事)への適した手術法

サイナスリフトイメージ

 一昔前は上顎にはインプラントに適していないとされていました。
それは上顎の骨が下顎に比べ柔らかく、何より口の上には上顎洞という空洞が存在し、解剖学的に困難だとされてきたからです。
ところが最近ではそれを克服する様々な手術方法が考案、確立されました。
それがラテラルウインドウ法やソケットリフト法と呼ばれる上顎洞挙上術であります。
当院でも多く手がけて、高い成功率を上げています。

ラテラルウインドウ法・ソケットリフト法

症例はこちらをご覧下さい

GBR法(骨再生誘導法): ~ 骨の状態が十分でない方 ~

ライン

インプラントを埋め込むのに必要な骨の厚み、幅が無い場合に
人口の代用骨(だいようこつ)で骨を増やす

 GBRとは、インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚みや幅がない場合、人工の代用骨と特殊な遮断膜を用いて増骨するテクニックです。
通常は、インプラント埋入手術前に必要な骨を作ってしまうか、もしくはインプラント手術のとき、同時に作ります。
 当院ではCTで先にその診断を十分に致しますが、手術時に骨が足らなかったもしもの時を想定して、常にその用意をして臨みますのでご安心下さい。

GBR法

症例はこちらをご覧下さい

スプリットクレスト法: ~ 骨の幅が薄い方 ~

ライン

骨の幅が薄い場合、骨を横に押し広げていく方法

 スプリットクレスト法とはインプラントを埋入する際に骨の高さはあるが、幅が少ない(薄い)場合に行う治療法です。
骨頂にノミのような器具を用いて溝を形成し、楔(くさび)効果によって骨を横に押し広げる方法です。

スプリットクレスト法

麻酔後、一番小さいノミを骨頂部に入れるところから始めます。
徐々にノミの厚みを大きくしていきます。 骨は横に押し広げられ、骨幅が広がります。(楔効果)
若干の振動はありますが、痛みはありません。

スプリットクレスト法

症例はこちらをご覧下さい