兵庫県丹波市氷上町,歯医者,口臭治療,審美歯科,口腔外科,顎関節症,小児歯科,入れ歯,歯周病,矯正

インプラント治療について

インプラント治療について

まるで自分の歯が蘇ったみたいに!

従来では歯を失ったとき、入れ歯かブリッジにする方法しかありませんでした。
入れ歯は違和感が強く、ブリッジは大切な他の歯まで削ってしまいます。

インプラントは、そんな今までの概念を振り払い、違和感や他の歯への影響もなく「第二の永久歯」とまで言われるほど自分の歯に近いものです。
インプラント治療は歯を1本失った場合から全部失った場合まで、あらゆるケースに対応できます。

顎の骨にインプラントを埋め込みその上からかぶせをします
ブリッジ・総入れ歯・部分入れ歯
↓
インプラント治療では
天然の歯とほとんど変わりないインプラントです

インプラントとは?

歯科インプラントとはご自分の歯の代わりとなる人工の歯根(しこん)のことです。インプラント解説図

※歯根(しこん)とは、歯の下部で歯槽骨(しそうこつ)に埋まっている部分のことです。
歯ぐきの上に出ている歯の部分は歯冠(しかん)といいます。

(右図参照→)

従来の治療法では人口の歯を使用する事で、歯ぐきの上の歯冠(しかん)の部分は回復する事は出来ましたが、歯茎の下にある歯根(しこん)の回復は不可能とされてきました。

インプラント治療では、その歯根を人口歯根(じんこうしかん)で代用する事により、歯根をなくされた方でも歯の回復が出来るようになったのです。

チタン製の金属でできたインプラントという歯根を外科的手術により顎(あご)の骨に埋め込みます。
埋め込まれたインプラントは、平均6~24週間の治癒期間を経て骨にしっかりと結合します。

こうして出来上がったインプラント(土台)の上に人工の冠(歯)を取り付けます。
これまでの入れ歯やブリッジによる治療とは、まったく違った形で、第2の永久歯と呼ばれるほど、噛む力を回復できます。

あごの骨にしっかりと固定するインプラント治療は、ずれたりぐらついたりせずに、違和感や異物感に悩まされることもありません。
天然の歯と変わらない感覚で噛める、自然で美しい歯を手に入れることができるのです。

どんな治療をするのか?

では、従来の治療方法と見比べてインプラントの治療方法をご説明します。
症状別で従来の治療法(ブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯)とインプラント治療を見比べて見ましょう

ブリッジは噛む際に負担がかかり削られた健康な歯まで痛みやすいのですが、インプラント治療では健康な歯は、そのまなので自ま分の歯を健康に保てます

 

入れ歯は違和感があり部分入れ歯においては金属のバネをかけるため健康な歯に負担がかかります。 インプラントは自分の歯と変わらない感覚で違和感がありません。

入れ歯はぐらついたりずれたりし、違和感があります。また、舌を塞いで味が分かりにくくなります。インプラントはあごの骨に固定される為ぐらつがず、自分の歯と変わらない感覚で味わう事ができます。

従来の治療法にもインプラント治療にも良い点・問題点がありますので、両方の特長をよく知ることが最善の治療の第一歩です。

ページの先頭

各治療の良い点・問題点

歯を失ったときに行う、3つの治療法(インプラント・入れ歯・ブリッジ)の良い点と問題点をここでは挙げています。
各治療の特徴をよく知ることが、最善の治療の第一歩です。

インプラントの良い点・問題点

インプラントの良い点

  • 自分の歯を削ったり、支えを求めたりする必要がなく、残った歯への負担が少ない
  • 入れ歯などと違い取り外したりせず、非常に違和感が少ない
  • 用途に応じて、様々な使い方ができる
    1.自分の歯の代わりとして(より快適に、美しく仕上がる)
    2.入れ歯を固定する土台として(本数が少なくてすむうえ、入れ歯が固定され動かなくなる)
    3.矯正治療の固定源として(矯正の治療期間がかなり早くなる)
  • 自分の歯に近く物が噛めるようになるため、これまで食べられなかったものが咀嚼できるようになり、食事が楽しくなる
  • 見た目が自分の歯に近く出来るため、人前で楽しく会話したり笑顔に自信を持てる
  • 歯を失うとその部分の骨が痩せるが、インプラントの咀嚼の刺激で骨の減量が少なくなる
  • 長期間安定した噛み合わせを保つことが可能になる
  • 良く噛めるようになると脳への血流が増え、学習機能が向上することがある
  • 万が一駄目になっても、その部分だけのやり直しが可能
  • インプラントは絶対虫歯にはならず、虫歯のリスクが高い人には最適

インプラントの問題点

  • 治療時間が長期間掛かる
  • 手術のため、全身状態や病気によっては適応外のこともある
  • 健康保険が一切適応とならず、一般の治療に比べ費用がかかる
  • 高額治療ではあるが、一生保つとは言えない
    (インプラントの歴史そのものが50年経っていない)
  • 天然歯のように歯根膜がないため、きわめて微妙な食感は感じない
  • 重度の歯周病の方は、そのリスクコントロール
    (歯周ポケットの機械的清掃や除菌療法など)をしてからでないと、インプラントも歯周病に罹患する危険性が高い
  • 噛める力が強いため、稀に噛み合わせる歯に負担が大きくなる
  • 歯軋りや食いしばりなどが強い人は、夜間に歯を守るマウスピースなどを装着しな いと、インプラントにも大きな負担がかかる
  • ブラッシングなど家庭内や医院での定期メンテナンスが絶対に必要
    (通常、最低半年に1回メンテナンスのためチェックを専門家が行います)
      入歯の問題点

入れ歯の良い点

  • 短期間(数年)使用でみた場合咀嚼機能をある程度回復可能(天然歯の1/3)
  • 短期間で咀嚼機能回復が可能
  • 健康保険が使える

入れ歯の問題点

  • 入れ歯を支える骨や歯に負担が掛かり、喪失を招きやすい
  • 骨が痩せたり支える歯が虫歯になったりして、数年毎作り変えか、調整が必要
  • 適切な噛みあわせであっても磨り減るため長期間同じ噛みあわせは維持できない
  • 取り外しのため、違和感を感じやすい
ブリッジの良い点・問題点

ブリッジの良い点

  • 審美的に回復することができる
  • 歯根膜のある歯をつなぐため、食感を感じやすく、自分の歯と同じように咀嚼することができる
  • 歯周病のように動く歯でも、連結することで歯列の安定したつながりを回復することができる
  • 健康保険が使える

ブリッジの問題点

  • 土台となる歯がしっかりしていないと、適応できないこともある
  • 多くの歯がないときには、適応でない
  • 土台となる歯を削る必要があり、歯の寿命が短くなる
  • 土台の歯に失った歯の負担が余計に掛かることで、その土台を失う危険性が高くなる
  • 清掃性が難しくなる
  • 審美的なセラミックのブリッジなどは、保険では出来ないため高額になる
  • 自分では気づかないうちに、問題が大きくなっていることが多い
 

 

入れ歯・ブリッジ以上の効果とは

インプラントはこれまでの入れ歯やブリッジによる治療とは、全く違う方法で第2の永久歯と呼ばれるほど、噛む力を回復することができます。

ネズミによる学習実験でも、インプラントの噛む力の回復が実証されました。

マウス

  • 歯が健全なネズミ
  • 歯を抜いて、その部分に入れ歯を入れたネズミ
  • 抜いた部分にインプラントを入れたネズミ
  • 歯を抜いたままにしたネズミ

このネズミたちに学習実験をしたところ迷路を脱出した順位

 さてこのネズミたちに迷路の学習実験をさせましたところ、迷路をいち早く脱出したのは歯が健全なネズミでした。
一番遅かったのはやはり歯の抜けたままのネズミでした。
 では、入れ歯とインプラントを比較すると、どうでしょうか?
入れ歯のネズミよりも、インプラントを入れたネズミの方が、かなり早かったのです。

この実験は、インプラントの方が入れ歯に比べ、噛む力に優れていて脳への刺激も多く、より学習能力の低下を防いでいることを示しています。

人間においても、認知症の発症を予防する役割がありそうです。

 

インプラント セルフチェックをしてみましょう!

以下の項目で該当すると思われるものにチェックをつけてみて下さい。
5つ以上チェックが当てはまる方は、インプラント治療について一度ご相談下さい。

  • 抜けてしまった歯がある
  • ブリッジや入れ歯が合わない
  • 硬いものが噛めない
  • 歯がグラグラしている
  • 口臭が気になる
  • 食事が楽しめない
  • 顔が年老いて見える
  • 思いっきり笑ったり、歯を見せて話ができない
  • 健康な歯は、これからも出来るだけ残したい
  • 旅行や運動を積極的に楽しみたい

セルフチェックで5つ以上当てはまる方はご相談下さい

インプラント治療についてのご相談は
無料ですので、お気軽にご相談下さい。
「ホームページを見て」とお伝え頂ければ
迅速に対応させていただきます。